漢方の影響

トップバナー

漢方の影響

よく漢方=漢方薬と思っている方がいらっしゃいます。

しかし、実際はそうではなく、東洋医学の治療法の一つに漢方薬を用いた治療がありこの他に鍼灸や整体、気功、薬膳、養生、などを含んだ広い意味で使用されているのです。

西洋医学はからだを臓器ごとに細かく分けて考えるので、薬に関しても特定の病気や症状に効果が現れるように作られています。

風邪や感染症などの急性病には非常に早い効果が出ますよね。

一方、4000年前から存在する東洋医学は"病気を治すのではなく、病人を治す"と考えらえています。

そのため便秘ひとつとってもいろいろな種類の漢方薬が存在し、暑がりか寒がりか、体力の程度、お腹の張り具合などさまざまな要素からk須利を選定していく方法がとられます。

漢方薬は生薬とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものを指します。

その処方数は実に約212種類と言われています。

中でも植物の根や樹皮、葉、種子、果実などは最も多く使用され、生姜や胡麻など日ごろよく使われる食材も生薬として利用されています。

それらは、漢方煎じ薬、漢方粉薬、漢方錠剤などに加工され、効果や用途に合わせて利用されているのです。

健康という土台を作ることでさまざまな病気に対して自然治癒力を高めるという考え方なのです。

漢方生薬マカで精力強化
copyright(C)ED悩むべからず