バイアグラのメカニズムと効果

トップバナー

バイアグラのメカニズムと効果

ED治療薬といえばバイアグラが有名です。

バイアグラは多数のED患者さんに処方されており、
問題のある症例の報告はほとんどないとされています。人によっては頭痛やほてり、
などの副作用が現れることもありますが、軽度から中程度のものです

きちんと使用量と使用法を守って服用すれば、ED患者さんにとって、
バイアグラほど心強い薬はないと言っても過言ではないと思います。

ただし、バイアグラは飲みさえすれば勝手に勃起したり性欲が高まったりするというような、
催淫剤、精力剤とは違います。

バイアグラを服用しても、性的刺激が加わらないと決して勃起はしないのです。
バイアグラの作用を簡単に述べると、血管拡張を促すサイクリックGMPという化学物質によって、
ペニスの動脈血管が広がり、その動脈に血液が流れ込んで勃起する仕組みになっています。

一定時間が過ぎると、そのサイクリックGMPを破壊するPDE5型という酵素の働きによって、
静脈から血液が流出し、勃起が解消されます。

バイアグラは、このPDE5型の作用を阻害することで、サイクリックGMPの濃度を上昇させて
血管を拡張し、勃起を促す効果があります。

勃起にかかわるサイクリックGMPは、性的刺激がないと産生しないので、
バイアグラを飲んだだけでは、その効果は得られないので注意が必要です。

今はバイアグラの他にも多数、ED治療薬は販売されています。
こちらではED治療薬をランキング形式で紹介しているみたいですので、参考までに。

copyright(C)ED悩むべからず